社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メンバーのやる気を引き出すメッセージのコツ

報酬をアップしても士気が上がらない…

少し叱っただけでやる気を失ってしまった…

メンバーのやる気を引きだそうとしてほめまくる…

メンバーのやる気を引き出そうと、

手当たりしだいにやっても効果は少ない。

今のメンバーが求めているのは、小手先のアクションではない。

管理者がメンバーに対して、まずやるべきことは、

仕事のやりがいを持たせるメッセージをしっかり伝えることである。

そのメッセージのポイントは、3つある。

1.自分の仕事の価値を認識させる

有名なレンガ職人のたとえ話がある。

レンガを積む3人の職人たちに、

「あなたは何をしているのですか?」

とたずねたら、それぞれこんな答えが返ってきた。

職人A:「見ればわかるだろう、この重い石を積んでいるんだ」

職人B:「お城の壁を造っているんだ」

職人C:「王様から敵を守るための丈夫な城壁をつくっているんだ」

「目先の行動」に意識を向けるのか…

「いつか城になる」と先を見るのか…

どの職人のモチベーションが高いかは言うまでもない。

ある資料の作成をメンバーに依頼したとき、
メンバーが自分の仕事に対して、
「ただの資料作成」という意識しかなければ、

これば管理者のコミュニケーション不足である。

何のために書類をつくるのか…
資料を作った後にどんな工程があるのか…

を伝えることが大切であり、上司の役割である。

管理者がメンバーに対して、
「この資料は来期の経営方針を決める基本データになる」

というように、最終目的まで明確にして共有することが、

やりがいにつながるのである。

2.職場で価値ある存在であることを伝える

メンバーに対して、存在価値と仕事の重要性を伝える。

あなたのがんばりでチームのみんなが助かっている…
会社の今後の方針決定に、あなたの仕事が貢献する…

本人が自分の仕事の重要性を感じられるような言葉を伝えたい。

3.成長の実感を持たせる

効率的に良い企画を作れるようになったよ…
この仕事をあなたに任せて正解だったよ…

以前より良くなった点を積極的に指摘すること。
これが成長の実感による喜びと向上心につながる。

メンバーに対して、

仕事の意義、自分の存在、成長の実感を持たせることが大切である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました