test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

すぐそのときに伝えるRBWA法

コミュニケーションは、頻度が重要である。

コミュニケーションの場は、会議やプレゼンの場だけではない。
廊下やエレベーターの中など、いろいろな所に会話のチャンスはある。

そんな会話を促すテクニックが、RBWA法である。
「歩きながら話せ!(Report by walking around)」という英語の頭文字を
取ったものである。

1.R:Report
2.B:By
3.W:Working
4.A:Arownd

話すチャンスを見計らうな、
とにかく顔を見たらその場で話せ、ということである。

例えば、廊下で部長に会ったら、

部長、例の件ですが、順調に進んでいます…
来月末には、良い結果が報告できそうです…

これだけでいい。

RBWA法は、接触の頻度を高めて相手との関係を深めるときに役立つ。
短時間の報告であっても、話せば話すほど認められる。

報連相は、何かあったらすぐその時が鉄則。
現在の仕事の進捗状況や結果などを、ごく簡単に報告するだけよい。
歩きながら手短に言葉を交わすだけでよいのだ。

上司の時間をつぶすこともなく、
仕事を着実に進めているという事を、印象付けることができる。

この積み重ねが、自分の味方をつくることになるはずだ。
仕事に限らず、プライベートな会話でも有効である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました