社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

フレームワークで仕事を効率的にこなそう

研修や本で、ロジカルシンキングを学んだが、いつ使うの?…
ビジネスフレームワークって、どんなときに使うのかわからない…

ビジネスシーンで、フレームワークを使いこなせているだろうか。
フレームワークとは、情報を整理して分析するための枠組みである。

フレームワークを使いこなせると、次のようなメリットがある。

〇仕事が2倍早くなる
〇説得力のある資料を作ることができる
〇自分の頭を整理できる

フレームワークは、
複雑な事象をシンプルに整理して、全体像を把握するツールである。

使うシーンにより、有効なフレームワークは、次のとおり。

1.状況分析

①ロジックツリー(Why) :
   なぜ(Why)を繰り返して本質的課題を探る。
②PEST分析:
   「Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)」で 
   外部要因を整理。
③3C分析:
   「Company(自社)、Customer(顧客)、Competitor(競合)」で分析。
④ファイブフォース分析:
   「競合業者、新規参入者、代替品、売り手(供給業者)、買い手(顧客)」で整理。
⑤VRIO:
   「Value(経済価値)、Rareness(希少性)、Imitability(模倣可能性)、
    Organization(組織体制)」で自社を評価。
⑥アンゾフマトリクス:
   「市場、製品」に2軸で分けた4つのセグメントで成長戦略を考える。
⑦SWOT分析:
   企業の「Strength(強み)、Weekness(弱み)、Opportunity(機会)、Threats(脅威)」を把握。
⑧バリューチェーン:
   顧客にValue(価値)が届くまでの企業活動のプロセスを分解。

2.戦略構築

①STP:
   「Segmentation(ベースとなる市場)、Targeting(狙うべき顧客)、Positioning(購入動機)」
②4P:
   「Product(商品)、Price(価格)、Promotion(販促)、Place(流通)」から分析。
③クロスSWOT:
   SWOT分析の4つの要素を縦横に配置し、4つのフレームを埋めて考える。
④AIDMA:
   顧客心理の変化を「Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)
   → Action(行動)に分けたもの。
⑤AISAS:
   顧客心理の変化を「Attention(注意)→ Interest(関心)→ 「Search(検索)」→ Action(行動)
   →Share(情報共有)」に分けたもの。

3.計画立案段階

①ロジックツリー(How):
   どのように(How)を繰り返して解決策を導き出す。
②7S:
   経営資源の効率配分のための「Strategy(戦略)、Sheared Value(価値観)、
   Structure(構造)、System(制度):
③PPM:
   商品、サービスを市場の成長性とシェアのマトリクス上に配分し、
   経営資源の効果的な配分を考える。
④プロダクトライフサイクル:
   商品、サービスが「導入期、成長期、成熟期、衰退期」のどのプロセスにいるか。

4.計画実行段階

①5W1H:
   「What(何を)、When(いつ)、Who(誰が)、Where(どこで)、Why(なぜ)、
    How(どうやって)」で考える。
②重要度・緊急度:
   重要度と緊急度に分けて優先順位を明確にする。
③PDCA:
   「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action( 改善)」によるプロセス管理。

フレームワークは、当てはめて終わりではない。
意思決定のための効率的な情報整理ツールである。

現実の複雑な事象をシンプルにすることで、
物事の全体像が把握できる。

また多くの切り口を持つことで、新たな視点を得ることができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました