test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

快眠のためのルーティンを見つける

日本睡眠学会所属の医師 坪田聡さんは、
「5時間快眠法×朝5時起き」というスタイルを提案されている。

睡眠の良し悪しは、単純に「時間」だけで測れない。

1日の疲れをとるには、6時間から8時間程度の睡眠が必要、
と、一般的に言われる。
しかし、重要なのは、「睡眠時間の長さ」よりも「睡眠の質」である。

すなわち、「時間×質=満足度」。

たとえ睡眠時間が短くても、
睡眠の質が高ければ得られる満足度は同じ、
という考え方である。

睡眠の質を上げる準備には、次のような方法がある


就寝3時間前までには食事を終える…
興奮を鎮める効果がある緑色系の寝具に揃える…
部屋着ではなくパジャマで寝る…

睡眠の質を高めるためには、
眠りに入るためのルーティンを持つのが良い。

寝室には、
心地のよい香りやリラックスできる音楽…
落ち着いて過ごせる照明…

そして、
歯を磨く…
パジャマに着替える…
ベッドに座って瞑想する…

自分がリラックスできることや楽しめることでよい。

大切なのは、身体や脳をリラックスさせることであり、
嫌なことをやる必要はない。

そして、毎日習慣にすることである。

自分なりの眠りのルーティンを見つけることができれば、
寝るための集中力が高まり、質の良い睡眠を手に入れることができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました