社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

コミュニケーションエラーを防ぐ「SMCR」

誰かと会話したときに、

自分の思っていることが相手に伝わらない…
まったく違った内容で伝わってしまった…

ということは、ないだろうか。

誰が、何を、どうやって、どんな相手に伝えるかによって、
伝わり方は全く変わってしまう。

コミュニケーションエラーを防ぐためには、
コミュニケーションを構造化した「SMCR」モデルが有効である。

SMCRモデルとは、コミュニケーションを

1.送り手(Sender)
2.内容(Message)
3.手段(Channel)
4.受け手(Receiver)

の4要素に分けてとらえるフレームワークである。

1.送り手

コミュニケーションにおいて、誰が言ったのか、書いたのか、
という「メッセージの送り手」が非常に重要である。

例えば、テニスに熱中している小学生のA君。

A君の素振りを見た錦織圭選手が、
「いいセンスしてる!あとはフットワークだ」
「これから毎朝5キロのランニングをすれいいよ。
そうすれば、もっと強くなれるぞ」

A君は、翌朝から一生懸命ランニングをするだろう。

でも、テニスのど素人が同じように話しても、
まったく相手にされないないだろう。

自分が送り手としてメッセージを発信する場合は、
相手に、自分がどう受け止められているのかを把握することが重要である。

その上で、メッセージの中身を変えていく。
送り手をしっかり意識することで、コミュニケーションの質が高まる。

2.内容

コミュニケーションにおいて、内容が重要なのは言うまでもない。
同時に他の3つの要素(送り手、手段、受け手)との整合性が重要となる。

どんな内容を伝えるべきかは、他の3要素との整合性を意識しながら、
決めていく必要がある。

3.手段(Channel)

手段とは、何を通じて、その内容が伝えられたか、ということである。

会って話をする…
電話で話す…
メモを使う…
メールで伝える…

同じ内容だったとしても、どのチャネルを通じて伝えたかによって、
受け手の受け取り方は変わってくる。

理解してもらいたい…
お願いしたい…
文句を言いたい…
ほめたい…

受け手に伝えたい内容によって、使うチャネルを使い分ける。
そうすれば、効果的なコミュニケーションが可能になる。

4.受け手

相手にこちらの言いたいことを伝えたいと思うのであれば、
受け手をコミュニケーションがちゃんととれる状態にすることが重要。

どんなに素晴らしい内容であっても、
受け手が聞く準備がとれていなければ、馬の耳に念仏である。

場所を変える…
朝早く時間をとる…
会議のあと二人で残る…

受け手がどんな状態にあるかをしっかり確認する。
まず、聞くことができる状態にすることから始めよう。

コミュニケーションのときには、

まず、何を伝えたいのか、
それを伝えるためには、どのような伝え方をしたらよいのか、

をしっかり意識することが、大切である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました