社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

時分の花を知り、まことの花を咲かせる

室町時代の能の大成者である世阿弥は、著書「風姿花伝」の中で、
年齢に応じた稽古の仕方を示し、
年齢に応じた対処の仕方や歳を経ていく自らについて、
後世に伝えている。

■少年前期(12~13歳)

その姿も声だけで幽玄を体現しもっとも美しい年代である。

それは、その時だけの「時分の花」で、「まことの花」ではない。
その時代が良いからといって、生涯がそこで決まるわけではない。

少年期の華やかな美しさに惑わされることなく、
しっかり稽古することが肝心である。

■青年期(24~25歳)

声も体も一人前になり、芸も若々しく上手に見える。

人々から誉めそやされ、時代の名人を相手にしても、
新人の珍しさから勝つことさえある。

それも「時分の花」で「まことの花」ではない。

■壮年後期(44~45歳)

どんなに頂点を極めたものでも衰えが見え始め、
観客からも「花」があるように見えがたい。

この時期は難しいことをせず、自分の得意とすることをすべき。
この時期に一番大事なのは、後継者の育成である。 

■「老年期(50歳以上)

花も失せた老人は、何もしないほかに方法はない。
それが老人の心得。

それでも本当に優れた役者はそこに花が残る。

「時分の花」とは、若い人が持つ、若さゆえの鮮やかで魅力的な花である。
「まことの花」とは、日々の鍛錬と精進によって初めて咲く花である。

世阿弥は、

「時分の花」と「まことの花」を知ることが大切であり、 
どの時代でも、「時分の花」を「まことの花」と思って惑わされることが、
真実の花を遠ざける、

と説いている。

だからこそ、どの時代であっても、
「初心」を忘れず稽古を怠らないことが大切なのである。

これは、能の世界だけではなく、全ての人の人生に通じる教えである。 

今の自分の「時分の花」を知り、
「まことの花」を咲かせるために、いつも夢を持ち続け、
どのように生きていくのか、しっかり考えてみたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました