社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

チームワークを高めるための5つのコツ

チームのメンバー同士がチームワークを高めるにはどうすればよいだろうか。

チームワークを高めるための5つのコツをご紹介する。

1.リーダーがメンバーを取りまとめる

チームが成果を出すためには、

メンバーをまとめるリーダーの存在が不可欠である。

スキルや経験、個性が異なるメンバーの意見をとまとめ、

各自が能力を発揮できるチームづくりを進める必要がある。

メンバー同士の意見が対立することもあるが、

リーダーはお互いの話を聞き、目標達成のためにふさわしい方法を選択する。

チーム内の調和を保つためには、リーダーのリーダーシップが不可欠である。

2.チームの目標を共有する

チームがまとまるためには、メンバー間で目標を共有することが必要である。

異なる個性を持つメンバーが目標を共有することで、
進むべき方向性が統一され、意見の対立などが起こりにくくなる。

数値目標や達成期間を定めることで、目標に具体性を持たせることができる。

あまりに高すぎる目標は、メンバーを気後れさせてしまう場合がある。
最終目標までの中間目標を決め、段階を踏んで達成できるようにすることで、

チームがバラバラになることを防ぐことができる。

3.メンバーの役割を明確にする

各メンバーの役割を明確にして、

各自が自分の役割を把握することで、期待される能力を発揮しやすくなる。

各メンバーの多様性を活かすことで相乗効果を生み、生産性の向上につながる。

メンバー同士が長所を発揮して短所をカバーし合えるよう、

リーダーがうまく調整していくことも大切である。

4.活発なコミュニケーションを行う

互いに異なる個性を持ったメンバーが協力し合える体制づくりのためには、

頻度の高いコミュニケーションを心がける必要がある。

メンバー同士が、

日常的なコミュニケーションにより、お互いを認め、尊重し合う姿勢を大切にする。

チーム内での報告・連絡・相談を徹底することで、

自己判断で突き進まないよう、足並みを揃えることができる。

5.メンバーのスキルレベル合わせる

チームを結成するときには、

メンバーの知識、スキル、能力をある程度均等になるようにするのが効果的。

メンバーの能力に大きな差がある場合、
高いスキルを持つメンバーに負担が集中しがちになってしまう。

特定のメンバーだけが活躍する状況では、チームワークが十分に発揮されない。

メンバー同士がお互いをライバル視しながら、

切磋琢磨できる環境を作ることで、継続的なチーム力の向上が期待できる。

チームワークによる相乗効果を高めるためには、
リーダーが主体となり、メンバーの育成にも力を入れる必要がある。

個人では達成が難しい問題でも、

多様な知識とスキルを持ったメンバーが集まることで、

お互いの短所をカバーし、長所を発揮できるようになるのである。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました