test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

目標達成につなげる基本行動

当初立てた目標達成のストーリーが、
すんなり、予定通りに進むことはあまり無い。

もし、予定どおりに進まないときに、
月末までには何とかなるだろう…
そのうち、挽回すればいいや…
希望的観測だけで何も手を打たない…

そうすると、
結局、目標達成出来なかった…
という結果になる可能性が高い。

そうならないための基本行動を3つご紹介する。

1.小目標と複数プランの設定

目標達成を確実にするためには、途中の小目標を設定する。
その小目標達成に向けた複数プランを用意するのが有効である。

そうすれば、小目標毎の達成見通しに早く気づくことができる。
プランの変更などの軌道修正が素早くできる。

もちろん、
絶対に目標を達成するという強い信念、
目標達成への執着心、
を失わないことが前提であることは、言うまでもない。

2.大局をつかんで先を読む

物事を進める場合には、常に全体が見えていることが大切。

先の見通しを立てないまま前に進んでしまうと、
自分は今どこまで達成しているのか、が見えなくなる。

大局をつかむことで、「先読み思考」を養うことができる。
そうすれば、周囲への気配りができ、適切な行動につながる。

3.優先度の低い仕事は切り捨てる

自分の処理能力を超える仕事を抱えてしまったとき、
心が折れやすくなってしまう。

難局を乗り越えることができる人は、
仕事の処理能力が高いだけでない。

自分の仕事に優先順位をつけて、
重要性、緊急性が低いと判断した仕事には手をつけない。

常に、やるべきことを整理する思考を持っていれば、
業務を効率的に行い、成果にもつなげることができる。

やるべき仕事が頭の中で整理されていれば、
気持ちも軽くなり、第一歩を踏み出しやすくなる。

自らの行動を変えることによって、
結果を変えることができるのである。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました