社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ストーリー記憶法

さまざまな場面で、
「覚えなくてはならない」ことは、たくさんある。

自分に興味のあることは、簡単に覚えられる。
でも、勉強や仕事となると、なかなか頭に入らないし残らない。

ストーリー記憶法とは、何らかの情報を覚えるとき、
別の「何か」と関連づけることで、意味を持たせ、
ストーリーのようにして覚える記憶法である。

「ストーリー」とは、
記憶したい情報に何らかのエピソードをヒモづけることで、
一つの流れをつくる。

最も簡単なのは、もともとできあがっているストーリーに、
記憶したいものを関連付けていくという方法である。

例えば、朝起きてから、会社に出かけるまでには、
いろいろなイベントがある。

例えば、
次のような10個のイベントを決める。

①目を覚ます
②寝床から起きあがる
③トイレに行く
④顔を洗う
⑤服を着替える
⑥朝食を食べる
⑦新聞を読む
⑧かばんを持つ
⑨靴をはく
⑩玄関を出る

あとは、これらのイベントに覚えたい内容を関連付けていく。

慣れてくれば、イベントをもっと増やしていけばよい。
イベントを覚えたい情報と組み合わせて、一つの流れで覚えるのである。

覚えやすいイベントに五感を駆使してイメージ化することで、
効率よく記憶することができる。
勉強や仕事に、ぜひ活用していきたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました