社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

教え合うことで思考力を高める

思考力とは、「ものを考える力」である。

思考力を強くするためには、どうすればよいだろうか。

私たちは、これまでの経験や知識をもとに、
思考を組み立てて判断している。

経験や知識がなかったら、
ただ運と勘だけで結果を目指すことになる。

だから、経験や知識を、自分の中に蓄えることは大切である。

さらに大切なのは、

自分の持っている情報を他の人に伝える、
他の人がもっている情報をもらう、

というキャッチボールである。

自分が持っている知識や経験、考え方を相手に投げるためには、
相手に聞いてもらうために、どのように組み立てて伝えるか、

を考えなければならない。

そして、相手が組み立てた情報を、どうやって受けとめるかを考える。
このようなやりとりの中で、お互いの理解が進む。

情報が、お互いの頭の中に浸透していくと、
コラボレーションが生まれる。

これが、思考力を変えていく。

良い情報は、自分だけで取っておきたいと思うものだ。
でも、良い情報こそ外に出して共有していったほうがよい。

他の人に教えれば、いろいろな思考回路と結ばれる。
更に良いアイデアが生まれるかもしれない。

人に、教えたり教えてもらうことで、
さまざまな方向に思考回路をつないでいく。

それを継続していく。

こんな環境を自らつくっていくことで、思考力を高めることができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました